elsur.jpn.org >

« 読了:「いと高き貧しさ 修道院規則と生の形式」 | メイン | 読了:野村 (2016) ヒューマン-エージェント・インタラクションの主観的評価 »

2016年2月29日 (月)

Bookcover 百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez) [a]
ガブリエル ガルシア=マルケス / 新潮社 / 2006-12
再読だが、20歳前後で読んだきりだから、初めて読んだようなものだ。年始からかなり長いこと読み続けていて、結末に到着したときは、ほっとするような、寂しいような気分であった。

Bookcover 緑衣の女 [a]
アーナルデュル・インドリダソン / 東京創元社 / 2013-07-11
Bookcover [a]
アーナルデュル・インドリダソン / 東京創元社 / 2015-07-29
これもしばらく前の休日に読んだもの。いま流行りの北欧ミステリである。著者はアイスランドの人気作家である由。なかなか面白い。あまり殺人など起こらなさそうなお国柄のせいか、捜査がかなりのんびりしているところが良い。

フィクション - 読了:「百年の孤独」「緑衣の女」「声」