elsur.jpn.org >

« 読了:Buckland, Burnham, & Augustin (1997) 非ベイジアン・モデル平均 | メイン | 読了:MacCallum, Edwards, & Cai (2012); Rindskopf(2012); Muthen & Asparouhov (2012): ベイジアンSEM問答 »

2016年3月11日 (金)

Barnes, D.E., Bero, L.A. (1998) Why review articles on the health effects of passive smoking reach different conclusions. JAMA, 279(19).
 しばらく前に昼飯の読み物に読んだやつ。メモを取らなかったので中身忘れちゃったけど、えーっと...
 受動喫煙についてのレビュー論文を106本集めてきて片っ端から読んであれこれ評定。受動喫煙に害があるという結論に至った(74%)かどうかを説明するロジスティック回帰モデルを組んだ。効いた変数はただひとつ、著者がタバコ会社から金もらってるかどうかだった。レビュー論文でも著者の利害関係をチェックしないとね、云々。という内容だったと思う。
 笑っちゃうような話だが(笑い事ではないけれど)、論文の質の評定は説明変数として効かない、というところも面白いと思った。

論文:その他 - 読了:Barnes & Bero (1998) 受動喫煙の害についてのレビュー論文の結論は著者がたばこ会社から金をもらっているかどうかで説明できる

rebuilt: 2020年4月20日 18:55
validate this page