elsur.jpn.org >

« 読了:「元老 近代日本の真の指導者たち」 | メイン | 読了:Ozaltın, Hunsaker, Shaefer (2011) 整数計画問題があとどのくらいで解けるかを予測する新手法 »

2016年8月 9日 (火)

Atkinson, A., Bailey, R.A. (2001) One hundred years of the design of experiemnts on and off the pages of Biometrika. Biometrika, 88(1), 53-97.
 実験計画の歴史をBiometrika誌掲載論文を中心に振り返る、という長文の論文。この号はこの雑誌の100年記念号で、こういうのが各分野について載ったらしい。
 前提知識が足りなくてほとんど理解できない内容なのだけれど、途中でうつらうつらしつつ、へえーそんな問題があるのねー...などと無責任に読了。
 いくつかメモ:

論文:データ解析(2015-) - 読了:Atkinson & Bailey (2001) Biometrikaで振り返る実験計画の100年

rebuilt: 2020年4月20日 18:54
validate this page