elsur.jpn.org >

« 読了:Koltlo-Rivera(2006) マズローの欲求階層説の6個目の階層、それは自己超越だ | メイン | 読了:Soper, Milford, Rosenthal (1995) マーケティング研究者って実証性がないと知っているにも関わらずよくマズローを引き合いに出すじゃん?あれってどうなの? »

2017年8月27日 (日)

Gambrel, P.A., Cianci, R. (2003) Maslow's Hierarchy of Needs: Does it apply in a collectivist culture. The Journal of Applied Management and Entrepreneurship, 8(2), 143-161
 タイトルの通り、マズローの欲求階層説を集団主義的文化に適用できるか、という話。ちょっと思うところあって手に取った。正直、世に溢れるマズロー的与太話にはあまり付き合いたくないんだけど(すいません)、ほんとに世に溢れているんだから仕方がない、と思って。
 掲載誌についても著者についてもよくわからない(掲載誌は国内所蔵館なし、もしかすると紀要のようなものかもしれない。著者らは博士課程在籍中)。

 いわく。
 動機づけの理論は内容理論とプロセス理論に大別される。前者は行動をひきおこす要因に注目し、後者は行動が引き起こされるありかたに注目する。前者の代表例が、マズローの欲求階層説、ハーツバーグの二要因理論、マクレランドの三要因理論である。これらの研究はアメリカ生まれ、被験者もアメリカ人である。
 欲求階層説の多文化研究としてすでにHofstede(1983, J.Int.BusinessStud.)がある。Hofstedeの個人主義-集団主義の次元は動機づけの理論と直接に関連している。
 本研究ではマズローの欲求階層説が集団主義文化に適用できるかどうか調べます。

 ... 途中で気が付いたのだが、これ、HofstedeとかSchwartzとかの論文を読んでまとめましたというものであった。タイトルにマズローの名を挙げつつもマズローを一本も引用しておらず、すべて孫引き。あっちゃー...
 というわけで、読んでないけど読了にしてしまおう。えーと、欲求階層説は中国にはあてはまらないんじゃないでしょうか、というようなお話である模様。

論文:心理 - 読了:Gambrel & Cianci (2003) マズローの欲求階層説は中国人にあてはまるのかどうか、文化差の先行研究を集めて読んで考えてみました