elsur.jpn.org >

« 読了:Chen (2011) 予測市場の市場メカニズム | メイン | 2015年10月・丸善ジュンク堂渋谷店「自由と民主主義のための必読書50」フェア選書リスト »

2015年9月24日 (木)

 ずっと前に買って積んでおいた、ニューラルネットワークによるビジネス予測についての論文集を本棚から引っ張り出してきた。手早く見通しをつけたくて。
 この本、買ったきりなんだか安心しちゃって(よくない癖だ)、目次もちゃんと見てなかったのだが、この本の内容は以下の通り。最初の4章はレビューで、

残りは事例。ええい、めんどくさいので著者は省略だ。

 さて、編者様おん自らによります第一章は...

Zhang, G.P. (2004) Business Forcasting with Artificial Neural Networks: An Overview. Zhang, G.P. (ed.) "Neural Networks in Business Forecasting," IRM Press.

 人工ニューラルネットワーク(ANN)の主な応用分野のひとつは予測である。長い間、予測は線形手法によって支配されてきたが、ANNはその有力な対抗馬となった。 非線形的関係をはじめ複雑な関係を近似できるし、データ生成プロセスについての想定がいらず誤指定に強い。

 [3層フィードフォワード・ネットワークについて説明があって...] 入力変数の設計が重要。学習の主流はバックプロパゲーション・アルゴリズムによる誤差平方和の最小化。
 そのほかのタイプのNNとして再帰NNもよく使われる。時系列モデリングでARよりARMAのほうがリッチなのと同様、フィードフォワード型より再帰型のほうがリッチ。でも設計と学習がちょっと難しい。

 1995-2003年の、ANNによる予測事例を表で示す。このように応用分野は幅広い。

 モデリング・予測における諸問題。それはアートと科学の結合である。

というわけで、諸君、本書の以降の章で勉強したまえ。云々。

論文:データ解析(2015-) - 読了:Zhang (2004) ニューラル・ネットワークによるビジネス予測レビュー

rebuilt: 2020年4月20日 18:55
validate this page