elsur.jpn.org >

« 読了:「戦争は女の顔をしていない」「ハコヅメ」「あせとせっけん」「きちじつごよみ」「あさひなぐ」 | メイン | 読了:「マタイ受難曲」「刑務所しか居場所のない人たち」「コラボ=対独協力者の粛正」「『歴史認識』とはなにか」「マトリ」 »

2020年2月16日 (日)

Bookcover 六四と一九八九:習近平帝国とどう向き合うのか [a]
/ 白水社 / 2019-12-25
昨年に明治大で開かれたシンポジウムを基にした論文集だそうだ。張博樹という民主派知識人(現在は米在住) の章が興味深かった。

Bookcover ハンナ・アーレント (ちくま新書) [a]
大輔, 森分 / 筑摩書房 / 2019-06-06

Bookcover ジャパン・ストーリー 昭和・平成の日本政治見聞録 [a]
ジェラルド・L・カーティス / 日経BP / 2019-05-23

Bookcover 新編 戦後翻訳風雲録 (大人の本棚) [a]
宮田 昇 / みすず書房 / 2007-06-02
著者は早川書房の編集者出身。田村隆一がいかに迷惑な人であったかという話が縷々述べられていて、こういっちゃ申し訳ないけど、とても楽しく読んだ。
 鮎川信夫が亡くなったあと、独身だったはずの鮎川の妻として年配の女性(最所フミ)が名乗りでて、周囲は仰天したのだそうだ。それって、ちくま文庫「英語類義語活用辞典」の最所フミではありませんか...

Bookcover 貞観政要 (ちくま学芸文庫) [a]
呉 兢 / 筑摩書房 / 2015-09-09

ノンフィクション(2018-) - 読了:「六四と一九八九 習近平帝国とどう向き合うのか」「ハンナ・アーレント」「ジャパン・ストーリー」「新編 戦後翻訳風雲録」「貞観政要」

rebuilt: 2020年4月20日 18:52
validate this page