elsur.jpn.org >

« 読了:Lasen (2005) 携帯電話ユーザを理解する | メイン | 読了:小川ほか(2012) 察してくれるロボットには愛着がわく »

2013年3月13日 (水)

橋本, 寺内, 久保, 青木, 鈴木 (1998) モノに対する愛着の体系化. 日本デザイン学会研究発表大会概要集, 45, 28-29.
 仕事の都合で集めた資料のなかのひとつ。たった2ページの大会発表要旨だけど、頭の整理のためにとても助かったので、感謝を込めてメモしておく。著者らは千葉大のデザイン科学の方々。
 愛着のあるモノについての質問紙調査とインタビューの報告。まとめによれば、(1)性能、(2)素材感の良さ、(3)差別的特徴、の3つの要素に、(4)出会いの経験や思い出などの二次的価値観が付け加わることで、モノへの愛着が発生する。なるほど。

論文:心理 - 読了:橋本ほか (1998) モノに対する愛着

rebuilt: 2020年4月20日 18:59
validate this page