elsur.jpn.org >

メイン > 論文:教育

2015年6月 3日 (水)

三菱総合研究所(2015) 平成26年度『教育改革の総合的推進に関する調査研究 〜教育の総合的効果に関する定量的分析〜』報告書. 三菱総合研究所, 2015.3.
 文科省の委託研究。仕事のあいまに読んだ。自分の仕事とはぜっんぜん関係ないわけで、ま、趣味としかいいようがない。
 前半は先行研究レビューというか、いくつかの先行研究についての詳細な要約。後半は定量調査。国の受託だから住基台帳ベースの郵送調査かなんかやるのかと思いきや、ネット調査を一発掛けて、中三のときの成績とか現職業とかを訊く。SEMをやるのかと思いきや、重回帰やロジスティック回帰を山ほど走らせステップワイズ変数選択...なんというかその、オーソドックスっていうんですか? そういう分析であった。
 そんなこんなで、文科系科目の成績が1ポイント上昇すると、年あたり約2000円の税収増加が期待できます、非認知能力(部活やってましたか、とかいうの)が1段階上昇すると子どもが0.02人増えます、とか、なんとか。

 なにごとか偉そうなことを申し上げるつもりはさらさらないですし、すぐに納税者づらするのも好きじゃないんだけど、国はこの委託においくら万円をお支払いになられたのかしら、というところにちょっと関心を惹かれました。(→せっかくなので調達情報を調べてみたら、934万円であった)

 前半の文献紹介からメモ:

読了:三菱総研 (2015) 教育の投資効果

2005年11月11日 (金)

Bielefeldt, T. Computers and Student Learning: Interpreting the Multivariate Analysis Of PISA 2000. Journal of Research on Technology in Education, 37(4), 2005.
Google Scholar経由で入手。勤め先の用事で読んだ。
PISA2000のデータで,コンピュータ利用を尋ねる質問項目と学力との関係を調べたところ,利用している子のほうが学力が高いんだけど,家庭環境の変数を投入すると差がなくなる(下手すると逆転する)。という経済学者の報告があって(Fuchs & Woessmann, 2004),マスコミでも評判になりました(俺もBBCで読んだ覚えがある。これかな)。そこでその内容を簡単にご紹介しましょう。という論文。
助かりました。元の論文は長いんだもん。

読了:11/11 (A)

2005年7月14日 (木)

Goldstein, H. (1994) Recontextualizing mental measurement. Educational Measurement: Issues and Practice.13, 16-43.
 古典的テスト理論だろうが項目反応モデルだろうが,およそ教育評価というものは一次元性と局所独立性を前提としており,文脈との相互作用を考えていない。それはそれでひとつのイデオロギーなんであって,政治的正しさへの配慮がテスト作成に影響することを拒否したりするだけの科学的中立性があるわけではないんだぜ。というような内容だったかな。
 著者のページから(この人は階層モデルの分析ソフトMLwinをつくった人)。どういう雑誌なんだろうか,なんとなく読み物風なレイアウトで,論文の内容も軽めの論評といったところ。掲載頁が飛んでいて,中身は5頁しかない。
 今日の昼休みにぱらぱらとめくった。どうにも疲れがとれなくて,まともな論文を読む気になれなかったのである。先週は口内炎で死ぬ思いをしたし,今週は階段を上るのにも一苦労だ。

Goldstein, H.(2004) International comparisons of student attainment: some issues arising from the PISA study. Assessment in Education: Principles, Policy & Practice. 11(3), 319-330.
 こっちは帰りに大戸屋で読了。内容のメモはあとで。

読了:07/14 (A)

2005年6月23日 (木)

Prais, S.J. (2003) Cautions on OECD's recent educational survey (PISA): rejoinder to OECD's response.
Oxford Review of Education, 29(3), 569-573.
 PISAを批判したPrais(2003),返答したAdams(2003)に引き続く再反論。これはPISAのサイトに載ってなかったので(ははは),非常勤先で取り寄せてもらった。
 (1) PISAが「生きる力」に焦点を当てるのは結構だが,それにしか焦点を当てないのはひどい。(2)教育の改善のためには対象を年齢ではなく学年で区切るべきだ。(1)(2)のせいで,ほかの調査と比較できないじゃないですか。(3)参加率が低いことによるバイアスがないとはいえまい。(4)項目反応理論だかなんだか知らんが,生徒の成績じゃなくて各項目の通過率を国際比較すべきだ。(5)90年に我々が調査したときは英国よりスイスのほうが上だったのに,なぜPISAでは逆なのだ。
 (1)(2)の論点は本質的批判ではないと思う。金が掛かる割には役に立たんというご批判ならば,「こんなに金がかかっているのよ」「なのに全然役に立ってないのよ」という二点について証拠を出すべきところだ。(3)は議論をちゃんと追いかけてないからわからないが,データがない分弱そうだ。PISA側がバイアスがないというデータを出してきてるんだから,いやありますよというデータで対抗するのが筋だろう。(4)はなんだかレベルが低い。著者はえらい経済学者らしいが,経済学者がデータ解析に強いとは限らないようだ。(5)にいたっては,なんと言うか...既存の調査と違う結果を出したというだけで叱られたのではたまらない。
 というわけで,せっかく取り寄せたのに,かなりがっくりとさせられる内容であった。えらそうだね,おい。
 Goldsteinという人がPISA調査の解析上の問題点を指摘している,ということがわかったので,まあよしとしよう。この人はMLwinをつくった人らしいし,期待できそうだ。

大した仕事もせず,こんな論文を読んだりしている今日この頃である。せっかく一会社員として更生しようと思ったのに,世の中なにがなんだかわからない。クビになっても不思議じゃないねえ。

読了:06/23

2005年5月 8日 (日)

Adams, R.J. (2003) Response to 'Cautions on OECD's Recent Educational Survey (PISA).' Oxford Review of Education, 29(3), 377-389.
 Praisへの反論。(1)PISAが測っている数学的リテラシーはただの日常的問題解決能力ではない。従来の学力検査とは目的がちがうので,どっちが良いとはいえない。それに,ドイツでは同じ生徒がTIMSSの項目もやってるけど相関が高い。(2)調査目的からいって対象は年齢で区切るべきだ。(3)参加率が低いのは認めるけど,低位の学校・生徒が抜けてる訳じゃない。
 反論のほうが分が良い感じだが,それはともかく,個人的に関心があるのは(1)のところで,PISAとTIMSSの相関が高いという話にはちょっとがっくりきてしまった。つまんないの。教育政策の検討のために3つのリテラシー概念が生まれてきたいきさつが知りたいところだけど(つまり,たとえば「近代社会が15歳に求めているものはこの三つなのよ」といえる理由が欲しい),どこをみれば書いてあるのかしらん。
 Praisの再反論があるらしいのだが,入手困難だ。どうしよう。

 しかし,こうやって論文なんか読んでても,仕事の役に立つのかどうか皆目わからん。おとなしくじっとしてたほうが気が利いてるかもしれん。

読了: 05/08 (A)

2005年5月 6日 (金)

Prais,S.J. (2003). Cautions on OECD's Recent Educational Survey (PISA). Oxford Review of Education, 29(2), 139-163.
 PISA2000の英国の成績はやたらに良かったが,PISAは信用できない。なぜなら,(1)知能検査みたいな設問で,学校教育とは関係ない。(2)調査対象は年齢ではなく学年で区切るべき。(3)学校の参加率,生徒の参加率が低い。きっと低位の学校・生徒が抜けている。という主旨。
 PISAのサイトで見つけた。不参加者の扱いについて批判するくだりなんか,実に嫌味ったらしい書き方で,とても楽しく読了。やっぱり悪口は面白いわ。イギリスではこういうのありなのかと感心したが,思えば日本の教育学者もエモーショナルな書き方をすることがある(特に政治が絡むともう大変だ)。もしかするとこの論文の背景にも,政治的な対立があったりするのかもしれない(金のかかるPISA調査なんかもうやめちゃえ,なんて書いてあるぞ)。
 肝心の論点のほうは,素人目にもちょっと言いがかりっぽい感じがある。読了後すぐに返答論文を読み始めちゃったので色眼鏡で見てしまいかねないが,(1)はそんなに簡単には答えの出ない問題だし(学力概念をどうとらえるか,ということにつながっているだろう),(2)はどうみても的はずれだと思う(学校制度のちがいによる影響をコミにした国際比較のほうが大事だろう)。

 ここしばらくの昼飯の友だったのだが,一日数十分ではなかなか読み終わらない。ろくに仕事などしていないのだが,やっぱり会社勤めというのは不自由なものだ。

読了:05/06

rebuilt: 2015年6月 9日 01:02
validate this page