Roy (2020) MCMC収束診断レビュー

Roy, V. (2020) Convergence Diagnostics for Markov Chain Monte Carlo. The Annual Review of Statistics and Its Application, 7(15), 1-26.

 仕事の都合でちょっと悩んだことがあって、現実逃避のために読んだ奴。
 題名通り、MCMCの収束診断についてのレビューである。正直、そんなに関心ある話題ではないのに、そしてすでにVats, et al.(2020), BDA3の該当部分を読んでいるのに、私にしては勉強熱心なことだ…
続きを読む

読了: Goncalves et al. (2017) BarkerアルゴリズムによるMCMC

Goncalves, F.B, Latuszynski, K., Roberts, G.O. (2017) Barker’s algorithm for Bayesian inference with intractable likelihoods. arXiv.

 本来私なんかが読むような論文じゃないんだけど、ちょっと事情があって前半部分のみ目を通した。すいません、すいません…
 えーと、MCMCではイテレーションのたびに移動を受理するかどうか確率的に決めるじゃないですか。受理の確率を求めるために、MHアルゴリズムの場合だと密度比とかいう式を使いますわね。でもあの式の代わりに別の式を使おうという話があって、そのひとつとしてBarkerのアルゴリズムというのがあるのだそうだ。この論文はその解説。
続きを読む

読了: Merkle, et al. (2021) blavaanパッケージはもはや潜在変数をサンプリングしないことにしたよ。Stanコードをいちいちコンパイルするのもやめたよ

 ここんところ仕事に家事に疲弊していて、残り時間はひたすらぼーっと過ごしていた。時間蠅は矢を好むということわざの通りである。(← 疲れているとろくなことを書かない)

Merkle, E.C., Fitzsimmons, E., Uanhoro, J. Goodrich, B. (2021) Efficient Bayesian Structural Equation Modeling in Stan. J. Statistical Software, 100, 1-22.

 Rのblavaanパッケージ、というのはつまりはSEMのための定番パッケージのひとつlavaanのベイズ版なんだけど、その紹介。実戦投入する前の儀式として読んだ。本論文の前にMerkle & Rosseel (2018, 同誌)というのがあるんだけど、そっちはめんどくさいのでパス。
 私はMplusの忠実な信者なので、lavaan/blavaanなど無視してMplusのみと戯れるシンプルライフを送りたいのだが、なかなかそうも云ってられない事情がある。
続きを読む

amazonで配信されているインドネシア映画

 人生に展望なく、サブディスプレイで映画を流しながらじくじくと机にしがみつく日々を過ごしておるわけですが、しばらく前からなぜかインドネシア映画に関心を持つようになり、積極的に観るようになった。といっても、言葉もわからないし、詳しい知識もないし、せいぜい動画配信サービスをあさる程度ですが。
続きを読む

読了:Stier, et al.(2020) サーヴェイ・データとデジタル・トレースデータの統合

Stier, S., Breuer, J., Siegers, P., Thorson, K. (2020) Integrating Survey Data and Digital Trace Data: Key Issues in Developing an Emerging Field. Social Science Computer Review, 38(5), 503-516.

 仕事の都合で読んだ奴。「サーヴェイデータとデジタル・トレース・データの統合」特集号の巻頭論文。
続きを読む

読了:Thompson (2018) サーヴェイデータ結合についてのレビュー

Thompson, M.E. (2018) Combining Data from New and Traditional Sources in Population Surveys. International Statistical Review, 87. S79-S89.

 これも仕事の都合で読んだ奴。サーヴェイデータをセンサスとか管理データと結合するという話のレビューである。
 Google様いわく、被引用回数12件。渋い.. 渋いなあ…
続きを読む

読了:Rao (2020) 非確率標本に基づく統計的推測手法レビュー

Rao, J.N.K. (2020) On Making Valid Inferences by Integrating Data from Surveys and Other Sources. Sankhya B: The Indian Journal of Statistics. 83, 242–272.

 これも仕事の都合で読んだ奴。非確率標本に基づく推測に焦点を当てたレビュー。
 ふだんなら読まないジャーナルだけど、著者が小地域推定で知られるラオ先生とあっては目を通さざるを得まい…と思った次第。
続きを読む

読了:Enamorad & Imai (2019) 選挙調査における自己報告ベースの投票率が実際の投票率より高いのはなぜか

Enamorado, T., Imai, K. (2019) Validating self-reported turnout by linking public opinion surveys with administrative records. Public Opinion Quarterly, 83(4), 723-748.

仕事の都合で読んだ奴。サーヴェイ調査データを実行動記録とリンクさせ、調査結果のバイアスがなぜ起きているのかを突き止める、という話である。第二著者は日本人の若手政治学者として著名な人。
続きを読む

覚え書き: BDA3 1.3 BDA3を読もうとするおまえらが知っておくべき確率論の基礎知識

 仕事の都合で、先日からベイズ統計学の有名な解説書BDA3をちまちまと読んでるんだけど、痛感するのは基礎学力のなさである。ほんとにね、私がこんな本読まなきゃいけない社会はどうかしていると思う。適材は適所に置くべきだ。私は寝るのに向いている。
 BDA3自体はなかなか親切な本で、大事なことはなんども説明してくれるし、それほど高レベルな知識を要求しているわけでもない。むしろ、必要な知識を前半部分でおさらいしてくれているからこそ、分厚い本になっているのである。従って、途中の章をいきなり読むと、私のように途方にくれることになる。

 というわけで、以下の節よりメモ。原文は2頁ちょっとしかない。
 Gelman, A. et al.(2014) Bayesian Data Analysis, Third Edition. Section 1.8 Some usefull results from probability theory.
続きを読む

覚え書き: BDA3 Chap.12 計算効率の良いマルコフ連鎖シミュレーション

 引き続き、BDA3のメモ。
 Gelman, A. et al.(2014) Bayesian Data Analysis, Third Edition. Chapter 12. Computationally efficient Markov chain simulation.

 計算に関わる解説10-13章のうち中盤戦。いよいよHMCが登場する。
 実をいうと、これまで何度かHMCについて勉強しようと試みたことがあったのだが、そのたびに挫折していたのである。とにかくですね、物理学の用語が出てくると心が折れるのである。高校時代のトラウマかしらん。
 幸い本章は、HMCについても物理学ぬきで説明して下さる模様である。はい深呼吸して…
続きを読む

覚え書き: BDA3 Chap.11 マルコフ連鎖シミュレーションの基礎

 引き続き、BDA3のメモ。
 Gelman, A. et al.(2014) Bayesian Data Analysis, Third Edition. Chapter 11. Basics of Markov chain simulation.

 計算に関わる解説10-13章のうち序盤戦、11章である。MHアルゴリズムまで出てくるが、HMCはまだ出てこない。いやー、計算の話って苦手なもので、どこまでついていけるものか、冷や汗が出ますね。
 原文はマルコフ連鎖シミュレーションという表現を好んで使っているんだけど、字数が多いので、このメモではMCMCと書く。またメトロポリス-ヘイスティングスはMHと書く。
続きを読む

覚え書き: BDA3 Chap.10 ベイジアン計算入門

 中年男のぼやきというのは果てしないものだが、私の場合、仕事しててつくづく思うのは基礎学力の足りなさである。どこがどう足りないのかは面倒なので書きませんけど、それはもうね、辛いものです。
 わざわざデータ・サイエンティスト(っていうんですか?)を目指そうという物好きな方々に、私は言いたい。あほかと。ばかかと。いい年こいて勉強を続けなきゃいけないってのがどういう地獄なのか、ほんとにわかってんのかと。
 というわけで、時折発作的に「俺の知識には抜け漏れがある…!」「勉強しなきゃ…!」という焦燥感に駆られて、愛する布団からガバリと跳ね起き、小難しい本をメモをとりながら読んだりする次第である。

 以下もそのようにしてとったメモである。
 Gelman, A. et al.(2014) Bayesian Data Analysis, Third Edition. Chapter 10, Introduction to Bayesian computation.
 この大著の10-13章は計算の話に割かれており、本章はそのイントロにあたる短めの章である。わたくし、苦手なんです、計算の話。
続きを読む

読了:「久津見房子、声だけを残し」

ここんところ読んだ本のなかで、もっとも心に残った本。
 女性の社会運動家、久津見房子(くつみふさこ) の伝記。治安維持法による初の女性検挙者であり、また宮城与徳の情報提供者としてゾルゲ事件に連座し服役した社会主義者である。この人については森まゆみ「暗い時代の人々」で、確信を持った社会主義者であるにもかかわらず、右派に転向した夫・三田村四郎をなぜか支え続けた人であると知り、印象に残っていた。
 久津見は信念の人であったが、表に出ない人でもあった。目立った活動も著作も残さず、むしろ人々を支えて生きた。晩年の夫は反共を唱え、三池争議では第二組合に関与し、さらには他の女性との間に子まであるのだが、それでも久津見は家業の印刷所を支える。確かに経済的な事情によるよんどころない選択だったかもしれないが、それほど単純なものではなかったのかもしれない。
 夫の死後、昭和41年に開かれた喜寿の祝いには、服役中から親交のあった作家・山代巴や、労働運動で知られる丹野セツ、ゾルゲ事件に関わった医師の安田徳太郎とその妻、社会党の高津正道といった人々だけでなく、民社党のブレーン・鍋山貞親の妻・歌子や、鍋山と同じく共産党からの転向組であるヤクルト会長・南喜一も参加したそうだ。いまの視線からするとおよそ思想の異なる人たちで驚くが、同じ時代を生きた人々だけが語り合えることもあっただろう。
 近藤真柄(社会主義者・堺利彦の娘で、この人も社会運動家であった) の回想によれば、ある会合で同席した際、「久津見さんと私は、全く私たちは下手な生き方をしてきたものねと小声でささやきあったのであった」。著者はいう。「『へたに生きた』ということの中には、ゾルゲ事件のことがあっていったと思う。だが、もともと房子は「へたに生きる」べくして生きたのではないか」。徳富蘆花がある社会主義者に寄せた文章を引いて、著者はこう述べる。「房子もまた愚かに生きたのである。『へたな生き方をしてきました』とは、『自流自儘の路を歩かずに居られぬ』ことであった」

読了:「天幕のジャードゥーガル」「本気のしるし」「いたいお姉さんは好きですか?」「スーパーの裏でヤニ吸うふたり」「アンダーニンジャ」

モンゴル帝国の支配下で復讐を胸に生き延びようとするイラン人女性を主人公にした歴史ドラマ。まだ一巻だけど、これは面白い…
続きを読む

読了:「将棋の渡辺くん」「ヘルドッグス」「東京サラダボウル」「5080」「恋じゃねえから」

電子書籍で読んだコミックスも記録しておこう。

深町秋生の小説のコミカライズ。web連載を追いかけて読んでいた(連載終了)。
 原作のストーリーを忠実に追いながら、演出は原作の描写に縛られず、コミックの特性を生かした工夫を凝らしている。一例を挙げると、小説でもっとも印象的な格闘シーンがあるのだが、コミック版ではその直後に、主人公はひとり地下道を歩き、静かにくずおれ、見開きで雨の夜の新宿駅の遠景が映し出される。感情的クライマックスの設計が異なる。なるほどー。
続きを読む

読了:「華厳経入法界品」「空海 三業指帰」

善財童子の遍歴譚とはいえ、近代的な読み物ではなくお経であるからして、無限に続くかとも思われる過剰な形容語と果てのない反復に圧倒されるのだが、ページをめくっているとかすかなトランス状態に入っていくような感覚がありますね。
続きを読む

読了:「農婦譚」「厳寒の街」「羊の国の『イリヤ』」「ベルリンに落ちる闇」「喪失の冬を刻む」

農婦譚
 住井すゑの短編集(底本は1940年刊)。土浦市の出版社・筑波書林の1983年刊のハードカバーで、当然ながらISBNはついていない。本屋さんの自由価格本コーナーで見つけた。
 意外にも、ちょっぴりピランデッロを連想させる硬質な農民小説であった。著者は「橋のない川」で知られる作家だが、戦争協力の逸話が記憶にあり、予断があったかもしれない。
続きを読む